カスタマイズして楽しむ大型バイクの魅力について

Posted on

世界で一つのデザインに

アメリカを代表する大型バイクは、日本でも熱心な愛好者が沢山います。そのスケールの大きさは、年配層の間でも人気が高まっており、カスタマイズして楽しむ人も増えています。カスタマイズの魅力としては、何と言っても世界でただ一つのオリジナルデザインにできることで、存在感をアピールする魅力を実感出来るわけです。それ故、同じ大型バイクでも、カスタマイズによって、全く違った個性を演出することが可能です。

バリエーションが豊富

カスタマイズの魅力は、オリジナルデザインだけでなく、性能自体もガラリと変えられることです。また、大型バイク自体も、そうした性能カスタマイズを前提として作られています。ハンドルやマフラーをはじめ、電飾関係やシート、そしてエンジンパーツまで、豊富に揃えられるのが大きな魅力です。バリエーションを変えることで、何パターンものオリジナルマシンに仕上げることができ、長期間にわたって楽しむことができると言えます。そして、乗り手に留まらず、見る側も大いに惹きつけられるものです。

時間を忘れて夢中にさせる

カスタマイズされた大型バイクは、デコトラの様に周りの目を引きますが、あくまでカッコ良さの延長にあるものです。それ故、痛車と称される単にデザインがはでな車とは異なり、文化と伝統に裏付けされた魅力があると言えます。そして、仲間の大型バイクと連れ立って颯爽と走る姿は、映画のワンシーンを連想させる快感があります。即ち、カスタムバイクは、全てのライダーをシーンの主人公にしてくれる魔法の乗り物です。それだからこそ、「いい大人」が時間を忘れて夢中になれるわけです。

パーツを付けたりエンジンを変更してみたりカラーリングを変更して楽しむバイクのカスタムは個性を出せます。