車検はどこで受ける?ディーラーとその他の違い

Posted on

ディーラー車検の基本的な性質

車検を受けるときの候補として挙げられることが多いのがディーラーです。自分の持っている車のディーラーに依頼して車検を受ける方法は最も信頼性が高い方法として知られています。基本的には次の車検の時期まで整備をしなくても問題ないレベルにまで整備をして車検を通してくれるのが特徴です。ディーラー車検を通しておけば当面は快適に運転できるという安心感があり、さらに車検保証もついていて不具合が生じたときには修理してもらえるサービスも付帯しています。安心して車に乗れる状態を維持するためにはディーラー車検を受けておくのが無難でしょう。

ディーラー車検以外は車検を通すのが目的

一般的にはディーラー車検以外を選ぶと車検を通すための整備をするという方針が取られます。ブレーキが車検に通らないときにはブレーキの整備を行い、ヘッドライトの照度が足りないときにはバルブの交換をするという形での対応です。このため、まだぎりぎり車検は通るという場合には手を加えないことが一般的であり、次の車検までの間にバルブ切れが起こってしまったり、タイヤが減ってきてスリップしやすくなったりするリスクがあります。そのときには自分で車の整備をするか、整備工場などに持ち込んで直してもらうことになるでしょう。そのような対応を自分で行っていくことを前提にして安く簡単に車検を通せるのがディーラー車検以外の方法に共通する点です。様々な場所で受けられるので費用と内容を比較してどこで受けるかを決めるのが大切になります。

車検の料金は大きさによって変わります。軽自動車 6~8万 。小型乗用車1トン以下 6~8万。中型乗用車1.5トンまで7~9万。大型乗用車2トンまで8~10万。大型乗用車2.5トンまで9~11万。