極上の一台を探そう!ヘッドホン選びのツボをおさえておこう!

Posted on

タイプがいろいろあるけど違いは?

ヘッドホンのタイプは形状で大別すれば、頭部に装着するオーバーヘッドバンドタイプと耳の内部に装着するタイプのインナーイヤ・カナルタイプがあります。前者は単にヘッドホンとも呼ばれ、大型になりやすく携帯には不向きでしょう。逆に室内で使うならば音質的に有利になりますし、最近ではコンパクトさを追求したオンイヤ型もありますよ。一方、後者は単にイヤホンともいわれ、サイズが小型になるので、携帯して気軽に聴くには最適でしょう。その際、インナーイヤ型であれば、音漏れがしやすいので注意が必要で、耳栓スタイルのカナル型なら音漏れはほとんどなく、遮音性にも優れていますよ。屋外で使うならカナル型がいいでしょう。形状以外にもワイヤレスで使えるブルートュースタイプや周囲の騒音のみをカットしてくれるノイズキャンセリングタイプなどもありますよ。

ハイレゾ対応やインスピーダンスは気にするべき?

ハイレゾ対応のヘッドホンが増えてきていますが、ヘッドホンの場合、再生周波数帯域がおおむね40kヘルツ以上の超高域が再現できることやハイレゾ音源にふさわしい音質であることをメーカーが保証するものとされていますが、実際にこの数値にこだわる必要はないでしょう。再生周波数帯域が高ければ必ず音質がいいとも限らないので、自分で比較視聴して聴き比べをしながら好みに合うものを選ぶのがいいですよ。ほかのスペックについても、数値が優れているからといって音質的にいいとは限りません。ただし、インスピーダンスや出力圧音レベルについては注意が必要でしょう。

オーディオの買取をしてもらいたいのであれば、リサイクルショップやネットオークションなどで売るとよいでしょう。