どっちを選べば良い?グランドピアノとアップライトピアノ

Posted on

本格派ならグランドピアノ

ピアノを購入する際、グランドピアノかアップライトピアノかどちらを選べば良いか、迷うことがありますよね。
グランドピアノは、見た目も豪華でお値段も張るものですが、その音色は幅広い表現が可能で「弾きやすい」という特徴があります。また、1秒間に14回程度の連打をすることができ、3つのペダルによって様々なアレンジをすることができます。さらに、ピアノの音や反射音を直接聞くことができる構造ですので、自分の演奏の感覚を得やすいメリットがあります。
ただし、重量は300~400kgとかなり重く、住宅の構造によっては補強が必要になることもあり、広いスペースでないと設置できない大きさですので設置場所があり、将来本格的にピアノを弾くことを考えている方には、グランドピアノがお勧めです。

気軽に始めるならアップライトピアノ

アップライトピアノは、弦が水平に張られているグランドピアノと違って、弦を縦に張ってコンパクトに作られたピアノです。
重量は200~250kgで、グランドピアノと比べると小さいので個人のお家にも設置しやすく、サイレント機能が付いているものもあり、ヘッドフォンをして夜でも演奏を楽しむことができます。
ですが、連打は1秒間に7回と素早く鍵盤を押す動作は難しく、ペダルを駆使しても音の表現には限界があり、音がこもる構造ですので細かい音の変化などは聞くことができません。と言っても音が劣っているという訳ではなく、グランドピアノより価格も調律にかかる費用も安く、趣味など気軽にピアノを始めてみようという方にはアップライトピアノの方が向いているかもしれません。

スタインウェイは、160年以上にわたって、ピアノを制作し続けている会社です。ここで制作されるピアノは、さまざまなコンサートホールやコンクールで使われています。