山岳地帯が多いことが特徴の沖縄離島・西表島

Posted on

西表島とはどんな島か

西表島(いりおもてじま)とは、沖縄本島のはるか南にあり、台湾までほど近い場所にある離島で、詳しく言うと有名な石垣島の西側にあります。島の面積は石垣島と同じくらいで沖縄の全離島の中でも一番大きい島の中の一つです。ただし、平地が中心の石垣島と比較して島の大半のエリアが山岳地帯で人が住みやすい平地は全体の10%前後しかないため、島の人口は面積の割に少数で、手つかずの自然が楽しめるのが魅力です。

西表島へのアクセス方法

まず島には空港はありません。そのため本州から直接は行くことが出来ず、石垣島から船で行くことになります。なお、石垣島からの船のルートは二つあり、北部の上原港に向かうルートだと40分、南東部の大原港に向かうルートだと45分で石垣島から到着します。

上原港付近のおすすめスポット

北部の上原港付近のおすすめ観光スポットは、湊の沖にあるサンゴ礁のみで出来た島「バラス島」という無人島が特におすすめで、こちらは世界に誇れる沖縄随一の絶景スポットで、美しい海に四方囲まれた状態で過ごすことが出来ます。アクセス方法としては港から船で行く形になります。

大原港付近のおすすめスポット

続いて、南東部の大原港付近のおすすめスポットは港の北西部にある仲間川沿いの有名なマングローブ林です。行きかたとしては、大原港から出ているマングローブクルーズ船にて行くことが出来ます。

気になる島での移動手段とは?

石垣島と比べると人口が少ない西表島ですが、観光地としては人気のため、様々な移動手段があります。観光バスや路線バスがあるのはもちろん、タクシーやレンタカーも両方の港付近から利用することが出来ます。

西表島のツアーでは、他では見ることのできない様々な動植物に出会い、沖縄の大自然を味わうことができます。