鹿児島最南端の離島・与論島の魅力について

Posted on

与論島の位置・アクセス

与論島とは、沖縄本島のすぐ北にあるため沖縄の島だと思っている人も多いことで知られますが、正しくは鹿児島県の離島で、鹿児島最南端に位置しています。島へのアクセス方法としては、島に空港はあるものの鹿児島を除いて本州からの直行便はありません。鹿児島と沖縄本島の那覇からは1日1便から2便の往復便があり、一度、鹿児島か那覇の空港を経由して島に行くのが最もポピュラーなアクセス方法となります。その他、奄美大島から行くこともできます。

与論島最大の魅力:島全体を囲むサンゴ礁

与論島は島自体が隆起サンゴ礁にて形成されています。そして島の周囲全体がサンゴ礁で囲まれていて、海辺にはエメラルドグリーンの水の色をした浅瀬の海が広がります。そんな島の海辺から見る景色がまさに絶景で、国内外から絶賛されており、「東洋の海に浮かぶ真珠」などと称されています。

おすすめスポット:与論島最大のビーチ「大金久海岸」

海がきれいなことで有名な与論島には多数のビーチがありますが、その中で一番おすすめなのが島最大のビーチである「大金久海岸」です。こちらは南北約2kmに渡ってエメラルドグリーンの絶対の海が広がり、広いので混雑することもないため大変お勧めです。

おすすめスポット:幻の島「百合ケ浜」

この島には年間を通じて地上に表れるわけではないため「幻の島」と称されている、百合ケ浜という場所があります。こちらは大金久海岸の沖に春から秋の期間に地上に姿を現すことがある無人島です。ただし、観光協会ですら出現日を完全には予測できない状態のため、この島目当てで島に来る場合は、1泊ではなく余裕をもってくる必要があります。

与論島の旅行へは船で行き帰りするという場合がありますが、島に大きな薬局などはありません。船酔いの薬は多めに持っていくことが大事です。